搜尋
  • terao budha

折坂悠太yuta orisaka 專訪Interview by 耳道運行式Phantasmagoria


類稀な歌声を持つ大注目のシンガーソングライター折坂悠太、初の台湾公演に際して行った貴重なインタビューを公開。是非ご一読ください。

有著罕見歌聲而獲得廣大關注的創作歌手折坂悠太、在首度來台公開演出之際所接受的珍貴採訪公開。 請大家務必讀一讀

・・

折坂悠太

平成元年、鳥取県生まれのシンガーソングライター。

幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。

2013年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。

2014年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。

2015年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。

2016年には自主1stアルバム『たむけ』をリリース。

2018年1月、初のスタジオ作EP「ざわめき」をリリースする。

2018年2月より半年かけて、全国23箇所で弾き語り投げ銭ツアーを敢行し話題を集め、FUJI ROCK FESTIVAL 2018、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic Campはじめ夏フェスにも多数出演、10月には2ndアルバム『平成』をリリース、CDショップ大賞を受賞するなど各所で高い評価を得る。

2019年3月29日に、最新シングル『抱擁』を発表。

2019年7月クールのフジテレビ系月曜9時枠ドラマ「監察医 朝顔」主題歌に起用。

現在は弾き語りでの独奏のほか、東京を拠点とするメンバーから成る合奏、京都を拠点とするメンバーから成る重奏の3形態で活動を行っている。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。

出生於平成元年,來自日本鳥取縣的創作歌手折坂悠太。 2018 年以日本年號「平成」為名發行了完整創作專輯《平成》。

生於日本、卻長於俄羅斯、伊朗等國家,遷徙式的成長經歷,讓折坂悠太咀嚼出了自有的看世界角度。

稱為故鄉的地方卻不是長大的地方,從何而來又該往哪裡去,一切的一切,只有時間成為了在這世界行走所唯一的共同點。

不帶任何負面與正面的情緒、用不參雜任何雜質的歌詞,吸收來自世界各地的音樂養分,將時間化為歌曲,一首首唱出屬於自己、屬於這個世代的「平成」魅力!

因為有著旋律與歌詞一定要整齊漂亮的連成一線的強迫症,常能在歌曲中見到許多不易見到的文學古語,獨特的歌唱法加上藍調、民族音樂、爵士等多元曲風融合混搭,描繪出了歌曲獨有的空間立體感,形成美麗又神秘的世界。

回到日本後,現以東京為據點用自彈自唱的方式遊走各地,除了自彈自唱外的演出形式外,也嘗試以合奏方式、三重奏方式呈現。曾於 2018 年舉辦為期半年的全國 23 點自彈自唱募資旅行而引起話題。同年也入選 2018 FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO、New Acoustic Campはじめ夏フェス等音樂節演出,最新專輯《平成》獲音樂雜誌評選為 2018 年最佳專輯、更榮獲 2019 年唱片行大賞, 2019 年所發行單曲〈朝顔〉也受電視台選用為連續劇「監察医 朝顔」主題曲。

折坂悠太 - 朝顔

「出生於平成元年(1989)的折坂悠太(Orisaka Yuta),在這時代的尾沒,2018 年,推出了第二張個人專輯《平成》,它讓我在好長一段日子裡擁抱「每一天只想聆聽一張專輯」的期待以及感動。除了紀念意義或讓每個人投射出對於這時代特有又具備共通性的印記外,《平成》更是折坂悠太個人成長史的堆疊;當中被多角度呈現的事實,透露包容與諒解的熙熱感,看待金屬般現實的當刻已然受見如同太陽蛋甫離煎鍋的愛包覆。這樣的多重性也在音樂上展現,大量不同類型(音樂風格、表演藝術形式)的聲源纏繞作爲他意識的催化,一切是那麽古,一切是那個無法明言但肯定要趨往的新,又那絕無僅有的唱嗓,彷彿是一位麥克風被發明以前甚或可追溯更久譬如吟遊歌者的存在。」— 耳道運行式Phantasmagoria

・・

耳道運行式Phantasmagoria專訪Interview

w/ 折坂悠太 (JP)

採訪:耳道運行式Phantasmagoria / 翻譯:浪漫的工作室

Q: 台湾に初めてライブに来ていただけるのがとても嬉しいです。台北の月見ル君想フ「The Small Show」と台南の「LUCfest貴人散步音樂節」の2つのライブがありますが、ライブ内容にそれぞれ違いはありますか? Q 非常高興您即將首次來台灣演出,於台北「The Small Show」以及台南「LUCfest貴人散步音樂節」的兩個場次,演出上會有不同的設定嗎?

折: 台湾に行くのは初めてなので、その土地や、会場の空気に応じて、当日に考えると思います。弾き語りは、曲目も、曲の内容も、その場で考えることが多いです。

折: 因為是第一次去台灣,為了和當地的土地和空氣相呼應,我想演出內容到當天才會決定吧。若是自彈自唱的演出形式,其實經常在當下才決定曲目和曲子的內容。

Q: あなたの作品を繰り返し聴いている時、あなたの歌声は「厚みがあって、飾りっ気がない」と形容してみてもまだ何か足りないような気がしています。特にですが、1枚目のアルバム「たむけ」の<道>は、日本の70年代のフォークロックの歌手を彷彿とさせる感じがあると思ってます。お聞きしたいのですが、日本の70年代フォークロックはあなたの創作になんらかの影響を与えていますか?あなたは非常に評価されている現代日本の1アーティストの立場から、ご自身の創作と過去の音楽との関係をどう見ていらっしゃいますか?

Q: 時常反覆聽您的音樂,以「厚實、樸實」形容你的唱腔好像還不夠,尤其聽第一張專輯《たむけ》中的〈道〉很容易聯想到日本70年代的民謠搖滾歌手,日本70年代的民謠搖滾音樂是否對您產生影響呢?身為一位當代備受讚譽的日本音樂創作者,您如何看待自己的創作與過去的音樂的關係?

折坂悠太 - 道

折: はっぴぃえんど、高田渡、浅川マキ、西岡恭蔵など、その時代のフォーク‧ブルースシンガーには多大な影響を受けています。フォークと言われる音楽の詩世界には、結論をつけず、情景を見つめ、描写することによって、内省的な事や社会的な事を表す傾向があると思います。そういった過去の音楽から学ぶことはとても多いです。

折: 像是 Happy End(はっぴぃえんど)、高田渡、浅川マキ、西岡恭蔵等等,那個時代的民謠藍調歌手影響我很深。被稱為「民謠音樂」的詩歌世界裡頭,不妄下結論、只凝視當下的情景並描寫下來,表現出許多內省和社會層面的事情,我從過去的音樂裡學習到很多東西。

西岡恭蔵 with 大塚まさじ プカプカ

Q: あなたの音楽はある種懐かしい復古的な感覚を覚えます。ただ、今年のCD大賞を受賞した新鋭のアーティストでもあり、よく耳を傾けると音楽的な新しさを発見したりもします。この懐かしさと新しさの両方の感じを併せ持つことはご自身にとって自然なことでしょうか?この点どのようにして創作の中で表現しているのでしょうか?

Q: 您的音樂有種懷舊復古的感覺,但作為拿下今年日本唱片行大賞的新銳音樂人,又可以清楚聽見你音樂上的創新。同時擁有這兩種特質,對您來說很自然嗎?您是如何同時擁有這兩種特質,並且表現在創作中呢?

折: 意識的な部分と無意識な部分が、どちらもあると思います。もちろん現代の潮流も意識していますし、歌唱に関しては、フォークや歌謡曲、J-POPから祭り囃子に至るまで、きいて育った蓄積から自然とあらわれるものがあると思います。別の時代、別の場所で起きた文化が一つの音楽に共存することは、歴史の中で幾度となく繰り返されている事だと思います。そういう多面的な良さを活かすような創作を心がけています。

折: 我認為有意識和無意識的部分都有。當然也會注意到現代音樂的潮流,歌唱部分則是從民謠/歌謠、J-POP、乃至日本祭典音樂,從這些一路走來所吸收、累積的東西出發,自然而然表現出來的。我認為將不同時代、不同場所發生的文化,歸納在同一個音樂裡頭使之共存,也是不斷在歷史中反覆重演的事情。善用不同面向的優點,是我在創作時一直謹記在心的。

平成

Q: 《たむけ》と《平成》の2枚の作品は平成時代の終わりに誕生しました。音楽自体は昭和時代から脈々と続いていますが、現実の生活では既に令和に突入しています。去年のアルバムは「平成」と名付けられましたが、ご自身が生まれたのとアルバムのリリースの時間が平成である以外に、このタイトルに他に意味や意図はありますでしょうか?

Q: 《たむけ》與《平成》兩張音樂作品誕生在平成時代的尾巴,音樂卻好像從昭和時代的走過來,可是現實的生活已經進入令和了。去年的專輯您直接以「平成」命名,這除了有您出生年份以及專輯發行時間上的紀念性意義之外,這樣的命名有其他的含義以及企圖嗎?

折: これをつけた当時「平成」は記号的な、ひとつの時代の名称に過ぎず、その名をよんだ人によって連想する記憶や事柄が異なる、という事に面白さを感じていました。アルバムに集まった10曲の一貫性の無さを、ひとつの人生の中に集った、様々な記憶と重ねるような気持ちでした。

今はこの名を巡るさまざまな事柄に直面し、その歌を歌う事に迷いがあります。日本の外に出て演奏するときに、単なる時代の名称と呼ぶには、意味の強い名前だからです。

平成という時代は、戦争から残る課題を総括できず、警鐘として起きる事件、災害などの転機を損ね、社会の分断と潜在的な無関心が進んだ時代だと思います。自分がこれを「記号的」な名だと認識した事がすでにそれを物語っている。ただ、その結果が僕のような人間で、こういう表現であると思う。アルバムにつけた「平成」の名は、自分のアイデンティティの薄さと、そこからの歩み出しを象徴する「祈念」的な意味に変わってきています。

折: 當時將專輯取名為「平成」,僅僅只是一個記號和時代名稱,然而每個人對於「平成」有著完全不同的聯想和記憶,我覺得這件事很有趣。專輯收錄的十首曲子也沒有連貫性,像是人生的總和一般,堆疊著各式各樣的記憶,是以這樣的心情製作而成的專輯吧。

以「平成」之名巡演的同時,也重新面對許多事情,有時也會對自己歌唱的內容感到迷惘和困惑。在日本以外的地方演出時,單純以時代的名稱來看,也是個意義重大的名字呢。

平成這個時代,無法以戰後留下的課題一概而論,像是也發生了能作為警惕的事件、錯失將災害當作轉機的機會、社會的分化、以及逐漸變成冷漠的時代等等。而我只是將這些像「記號」般的事件以某種方式唱出來罷了。以「平成」作為專輯名稱,除了不凸顯太多個人主張之外,也象徵著接下來要從這裡跨出步伐、有種「祈福」的意義。

折坂悠太 - 平成

Q: 世界の趨勢はどんどん保守勢力が力を増していますが、一人のアーティストとしてどのような状態を保つべきだと思いますか?個人的に時代をどう感じ、どのように相対していますか?そして音楽の上で何か時代に反応することはありますか?

Q: 在目前世界局勢動盪而且越來越保守,您認為一個音樂創作人可以保持什麼樣的狀態呢?以及您個人是如何感受時代,以及面對它?並且在音樂上您會做出什麼反應?

折: 日本はまさにその只中にいて、毎日ニュースを見るたびに怒りとやるせなさに震えます。はっきり、今の状況を変え、人々が抱える生きにくさを解消したいです。大衆音楽というのは、届いているかどうかわからない、巨大な壁の向こうにむかって歌い続けるようなものだと思っています。表現者として、今の段階でするべき事は、きっと声高な主張より、一人の個人としての視点だと考えます。それを丁寧に、歌として紡ぐことで、イデオロギーに関わらない時代の空気を表し、大きな共感のうねりを作れると信じています。

折: 日本的確正處在這樣的情況之中,每每看著電視新聞的我,都因憤怒卻無能為力而顫抖。確切來說,我想要改變現況,並消除人們心中那些難以生存的想法。大眾音樂就像是隔著一面巨大的牆,並對著牆後歌唱,也不曉得最終是否能夠傳達出去。身為一個表現者,我相信比起高唱個人主張,現在更應該做的是好好審視自身的視角,細心地將它紡織成歌,表現出與意識形態無關的時代氛圍,創造巨大共鳴的漣漪。

Q: あなたは音楽の創作の未来において、まだなにか新しいものが生まれる可能性があると信じていますか?音楽創作及びライブと、あなたの人生での経験と、伝統文化とはどのような関連性がありますでしょうか?

Q: 您是否相信音樂創作的未來,還會有突破、創新的可能?無論時代如何改變,您相信的音樂創作以及表演,與您的生長經驗、傳統文化之間的關係是什麼?

折: もちろん信じていますし、まさに今それが起きていると思います。

音楽を作り始めた十代の時は、それらの関連性のなさに戸惑っていました。音楽はまるで空想の世界で、楽器を演奏することは、それに少しでも近くための仮装のような感覚でした。今、音楽制作やライブに明け暮れる生活を送るにつれ、少しずつ、歌の内容が人生を表し、人生が歌を体現してきています。先人たちもまた、同じであったんじゃないかと想像します。

折: 當然相信,甚至覺得它正在發生著。

我從十幾歲的時候開始創作音樂,至於過往的經驗和現在是否有關連,老實說我也曾困惑過。音樂是宛如空想般的世界,而演奏樂器只是能稍微靠近它一點的一種裝扮吧。現在從早到晚過著音樂製作和演出的生活,希望能慢慢地在歌曲內容上呈現出人生、在人生中也體現歌曲。「過去的人們是不是也有同樣的感受呢?」的這樣想像著。

Q: アルバム「平成」の中で幾度となく、出発や、別れや「世界を放棄するような気持ち」(ex. 〈坂道〉、〈光〉)が出てきますが、自分にとって重視されている事なのだと思います。今あなたはこのような別れの過程にいますか?もしくはすでにどこかに到達されましたか?

Q: 專輯《平成》中幾次提到離去、告別、「將世界拋在腦後」的心情(ex. 〈坂道〉、〈光〉),但卻是對於自己的重視。您如何解釋這樣的狀態呢?請問您目前還在這樣告別的過程嗎?或者已經到什麼地方了?

折: 駆け下りる坂道で思い浮かべるのは、もう二度と来ない坂道というより、1日一度、必ずそこを通る、急激な坂道。生きてく上で、そういう細かな脱皮を繰り返すことが必要だと思っています。常にここにいると同時に、常に次の場所に到達しているようなかんじです。

折: 關於「駆け下りる坂道(快速向下奔馳的坡道)」,浮現在我腦海的不是那條再也不會經過的坡道,反而是每天必經的、急劇的道路。一面生存著,一面反覆發生細微的蛻變,我認為是必要的。好像時常待在同樣的地方,有時卻又像是已然抵達下一個目的地的感覺。

Q: あなたの音楽、特に歌声を聴くと、度々現実から引き離されそうな感覚になります。今まであなたの音楽作品をある種スピリチュアル(形而上)的なものとして形容されたことがありますか?あなたの創作の過程において、このような抽象的またはスピリチュアルまたは哲学的な感覚が出現したことはありますか?個人的に「形而上」という事に関してどのようなご意見をお持ちでしょうか?

Q: 聽您所有的音樂,尤其是您的唱腔,很多時候會把感覺拉離開現實,不知道有沒有人曾經把您的音樂作品形容為「形而上(心靈上)」?在您創作的過程中,是否出現這樣非常抽象、表現心靈層面、哲學性的感覺?您個人對於「形而上」有什麼看法?

折: スピリチュアルな感覚は、見えない「音」を扱う僕たちにとって、必要だと思います。ライブにおいても、自分が演奏しているというより、その場所に昔から流れているものが自分に歌わせているような感覚がありますし、作曲に関しても、誰かがこの体を通して作らせたような気がする時があります。音楽というものが、今生きている次元とは違う場所にいて、ひょっこり顔を出すようなイメージ。しかしそれを意識しすぎると何もできなくなるので、理性的な感覚と同時に併せ持つのが良いバランスだと思っています。

折: 我認為去感受那些心靈層面、抑或是看不見的「聲音」對我們而言是必要的。在現場演出時,與其說是自己在演奏曲子,不如說當下的場域以及在這裡所發生過的種種,使我能夠在這裡歌唱。作曲時也有同樣地感覺,像是某個人透過這個軀體,讓我創作出音樂一樣。音樂啊,就像是從另一個次元突然冒出來的東西一樣,但是如果太過專注在非現實的部分,便會什麼也做不成。所以同時也保有理性感官會是比較適當的平衡吧。

Q: 今回のライブ以外に、台湾の何か特別に期待している事はありますか?

Q: 這次除了演出之外,您所認識或聽聞的台灣,有沒有什麼特別讓您期待的呢?

折: 友人から「故郷じゃないのに降り立つとホッとする」とききました。ホッとしたいです。

折: 聽朋友說,雖然台灣並不是故鄉,但只要一降落在這片土地上就能感到安心,想體會看看這樣的感覺。

以上です、ありがとうございました!非常感謝!

<折坂悠太 in Taiwan>

2019.11.8 台北月見ル君想フMoonRomantic「The Small Show」 ※SOLDOUT

2019.11.10 台南 LUC fest https://www.lucfest.com

祝好,祝平安

耳道運行式Phantasmagoria

#折坂悠太

© 2016 by BIG ROMANTIC RECORDS