BIG ROMANTIC 麵TERVIEW 牛肉麵愛好者-洪申豪

2/15/2017

 

台湾インディ界きっての牛肉麺好きで知られる洪申豪

そんな洪申豪と彼のオススメの牛肉麺屋に行って牛肉麺のこと聞いてみた

 

台灣獨立音樂界出名的牛肉麵愛好者-洪申豪

來到洪申豪推薦牛肉麵店裡聽聽他對「牛肉麵」怎麼說

 

 

B: BIG ROMANTIC RECORDS

H: 洪申豪

 

場所:老王紅燒牛肉麵(台北市大安區潮州街)

 

B:這家算是重口味的嗎?

 

このお店は濃い方の味?

 

 

H:恩恩 算吧 

 

んー、そうだね

 

 

H:因為 紅燒的麵他的口味比較算偏重口味

 

このお店の紅燒(醤油)味はどっちかというと濃い味かな

 

 

B:我想問你 我看過有個牛肉麵店桌子上有牛油跟辣椒之類的特別的東西

然後那家的湯好像原本比較清淡 透明的

 

前から聞きたかったんだけど、たまに牛肉麺屋さんの机の上に牛脂とラー油とかが並んでるのを見ることがあって

だいたいそのお店のスープはちょっとあっさりで透明なんだけど

 

 

H:對、讓自己去加

那個牛油有一點調味過的熬紅油

 

そう、アレは自分で入れるんだ。あの牛脂は調味してあるんだよ

 

 

B:為什麼?

 

どうして?

 

 

H:其實台灣的牛肉麵原來都是那樣 沒有

 

実際台湾の牛肉麺はもともとああいうスタイルで

 

 

H:應該是,,有一個說話是,最早是中國的蘭州 蘭州的牛肉麵然後 傳在台灣 外省帶來的 但是其實那個口味差很多因為蘭州牛肉麵清燉的比較多然後紅燒應該是台灣發展出來的口味因為一開始南北兩邊的口味差距原本大

 

多分だけど、、台湾の牛肉麺は最初は中国の蘭州の蘭州牛肉麺が起源で

そのあと台湾に、外省人が持ち込んできたんだけど、ただその時の味は全然違って、

もともと蘭州牛肉麺はあっさりスープがメインで、醤油味は多分台湾で発展した味だと思う。

だから台湾の南北でも味は全然違うんだよね

 

 

B:恩恩對

 

へぇぇ

 

 

 

 

H:像這樣子就是湯底回到比較重 紅燒牛肉麵  重應該就是偏外省

 

この店みたいな感じのスープはまさに濃い味のザ・紅燒牛肉麵という感じで濃い味なのは外省人よりの味っていうことかな

 

 

H:然後像你的燉得弄比較清的 他的發源是那裡 我不太清楚

那種比較少一點 一般都是直接湯 然後定都是調辣的程度

 

それでさっき言ってたのって結構あっさり目にスープを作ってると思うんだけど、その油とかの置くスタイルがどこで生まれたかはわからないんだけど、ちょっとレアだとは思うよ。普通は直接煮ていて、味とか辛さとかは固定のものなはず。

 

 

H:你說的那個是桃源街的嗎?

 

さっき言ってたのは桃源街(牛肉麺で有名なストリート)のやつ?

 

 

B:我說的另外有牛油的是西門町的

24小時經營的

 

いや、西門町にあったやつで、24時間経営の

 

 

H:對對對

 

そうそうそう

 

 

 

編集部註 ※西門近くにある「富宏牛肉麺」の紹介記事

http://haohaotaiwan.com/fuhong-beefnoodle-9323.html

こちらの記事にある牛油の写真

 

 

 

 

B:還有林東芳也是那樣的、我想知道有什麼差別

 

あと林東芳(牛肉麺の超有名店)もああいうスタイルだったなぁ、何が違うのかを知りたいんだよねぇ

 

 

編集部註 ※林東芳牛肉麵

http://www.taipeinavi.com/food/390/

 

 

H:就是因為有些人他不喜歡吃這麼重

然後他就是牛油 他在牛熬的時候

湯有那個牛油乾掉變成一塊膠狀的東西

有些店把這個東西留下來然後自己去煮起來

 

それはやっぱり濃い味が好きじゃない人がいるってことでしょう

あれは牛の油そのもので、牛から出汁を取る時に

油が固まってノリみたいな塊ができるんだけど

いくつかのお店はそれを残したままスープにするんだけど

 

 

H:上次在自己家做牛肉麵就不會有那個油

 

前に家で牛肉麺を作った時はあの油はなかったんだけど

 

 

B:丟掉了嗎?

 

捨てたの?

 

 

H:它是會跟湯在一起

不會它跟湯特地分開來

 

スープと一緒になってたんだよ

スープと特に分離はさせなかった

 

 

H:有點像是拉麵的tonkotsu

它有些會用袋子盧掉

不要弄多渣了吧

 

トンコツラーメンに似てるかもね

袋に入れて濾過すれば、そんなに油も出過ぎないよ

 

 

H:像那種牛肉麵 不知道有什麼沒有名字

清燉,紅燒?

它的口味偏像紅燒 比較鹹一點 對啊 四川口味的川味

 

ああいう牛肉麺はなんていうんだっけな

清燉(あっさり塩),紅燒(濃い目の醤油)?

味で言ったら紅燒(濃い目の醤油)に近いかもね、すこし塩っぱめで。そうだ、四川の味ということで、川味と言うんだ

 

 

H:還有一個原因

台灣早期啊 大家還蠻喜歡用牛油或豬油拌料理

 

あともう一つ考えられる理由としては

台湾は昔はみんな牛の油や豚の油を混ぜた料理が大好きだったんだ

 

 

H:飯也會 會有一種醬

就是辣牛油醬或是辣豬油醬

也是比較紅色的

 

ごはんものもあって、タレみたいな感じでご飯にかけるんだけど

牛油タレとか豚油タレがあって、だいたい赤い色のラー油みたいな感じで食べたてた

 

 

B:那一個時代?

 

いつくらいの時代だろう?

 

 

H:19,,50,60吧

 

1950、60年代かな

 

 

B:像那個豬油飯 現在還有很多地方有

ああいう豚の油かけご飯はローカルな食堂とかにはまだあるよね

 

 

 

H:這家的口味是真的old school的

 

ここ(老王紅燒牛肉麵)の味は本当にオールドスクールな味だね

 

 

B:他們說的「加辣」就是

加辣椒跟蒜頭?

 

このお店のいう「加辣(辛くしますか)?」

っていうのは、唐辛子とニンニクのソースで辛くしてるんだよね?

 

 

H:對

應該是炒在一起

辣椒炒蒜頭

 

そう。多分その2つが一緒になってる

 

 

B:小菜這個應該是一樣的東西嗎?

 

この小皿のおかずにかかってるのも同じソースだよね?

 

 

H:對

 

そうそう

 

 

 

B:你有吃過加番茄的嗎?

湯底是有加番茄的

 

トマト味のって食べたことある?

スープにトマトを使ってて、

 

 

H:湯頭偏甜一點

也是一種類,清燉,紅燒, 番茄紅燒

 

スープはちょっと甘めで、清燉(あっさり塩),紅燒(濃い目の醤油)と同じように牛肉麺の味の一種だね

 

 

H:加番茄我不確定

印象裡應該是本省就是台灣的做法

因為我奶奶是本省人

她做的牛肉麵的湯就是會加黑枝仔就是比較偏甜一點

 

トマトは確か、本省人つまり台湾ならではのものだね

自分の父方のお婆さんは本省人だから

彼女の作る牛肉麺のスープ黑枝仔っていう(台湾の酸味のある)トマトを使っていて、甘めのスープだったよ

 

 

B:我之前以為做牛肉麵的材料有番茄

 

牛肉麺の材料にはトマトは必ずあるもんだと思ってたけど

 

 

H:沒有,不一定

像這種裡面沒有番茄

 

いやいや、必ずじゃない。ここのもトマトは使ってないはず

 

 

 

B:我通常喜歡吃番茄牛肉麵

好像對健康好

 

自分は普段はトマト牛肉麺をが結構好きだよ

体に良さそうだから

 

 

H:對 它沒有那麼鹹的

通常吃拉麵嗎?

 

そうだね、そんなにしょっぱくないし

普段ラーメン食べたりする?

 

 

B:恩 有時候吃 還是還好

 

うーん、たまにかな

 

 

H:拉麵好像不偏都有對健康好點

拉麵的話喜歡吃哪一種

 

ラーメンは健康に良くない感じだよね

ラーメンは何が好き?

 

 

H:我比較喜歡醬油跟味噌

而且不是tonkotsu

tonkotsu有點太濃

我的胃比較不好

 

自分は醤油と味噌が結構好きで

トンコツは、、ちょっと濃いかな、胃があんまり良くないから

 

 

H:然後像透明雜誌的有些人都還蠻喜歡吃很濃的

像一蘭的拉麵 我就就不行 不太喜歡 太濃

 

透明雑誌のメンバー達はめっちゃ濃いラーメンが好きで

一蘭ラーメンとか。自分はちょっと、濃すぎるのはあまり好きじゃないかな

 

 

B:台灣人很愛吃一蘭吧

 

台湾人は一蘭好きだよね

 

 

H:對,台灣人喜歡家系

 

そう、台湾人は家系ラーメンがめっちゃ好き

 

 

B:那種很濃 非常濃

那個是醬油跟豚骨mix起來的湯的吧

 

あれは濃いいよね、、

あれは醤油とトンコツの合わせたスープだよね

 

 

H:我比較喜歡湯底是比如說雞肉,魚那種比較清爽的

 

スープは鳥とか、魚とか、さっぱりしたのが好きかな

 

 

B:好像東京越來越多比較清淡的拉麵

比較自然的

 

なんか東京はだんだんさっぱり味のラーメンが増えてきてる気がする。

ナチュラルな感じの

 

 

 

編集部註 ※ちなみにBIG ROMANTIC編集長激押しのトマト牛肉麺はこちらの張媽媽牛肉麵

BIG ROMANTIC 主編超推蕃茄牛肉麵店就是張媽媽牛肉麵

 

 

 

 

 

 

H:最近日本的食文化boom是什麼?

 

最近の日本でブームな食べ物はなに? 

 

 

B:咖哩吧

咖哩店越來越多一點

 

カレーでしょ。カレーのお店がどんどん増えてる気がする

 

 

H:我在哪裏呀 新宿還是,那裡忘記了

它在電車站的裡面

有一家是camp 

 

前に新宿か、どこか、忘れちゃったけど

駅の中にあるCampってお店

 

 

B:恩恩、好像看過

 

うんうん、なんか見たことある

 

 

H:全部都是outdoor的品牌的東西、應該是合作的

可愛但是味道也不錯、全部都是蔬菜為主

 

店内全部アウトドアグッズで、可愛いいんだけど、味はバッチリ

野菜がメインのカレーだね

 

 

B:好像它也在泰國有

 

確かタイにもあったような

 

 

H:喔喔 蠻好吃的

台灣人會喜歡、氣氛啊 味道也沒問題

 

そうなんだ!おいしいよ

台湾人も好きそうな雰囲気、味も問題ない

 

 

H:還有日本的咖哩最喜歡的是Go!Go!CURRY

 

あとやっぱり日本のカレーといえばゴーゴーカレーだね

 

 

H:很安定的感覺、超便宜

 

安定して美味しいし、超安い

 

 

B:那家豬排咖哩很好吃

 

あそこのカツカレーうまいね

 

 

 

H:日本人吃拉麵湯都不喝掉嗎

 

日本人はラーメン食べる時、スープは飲み干す?

 

 

B:年輕人應該會喝掉吧

 

まぁ若い人は飲み干すよね

 

 

H:不會鹹嗎

 

しょっぱくない?

 

 

B:所以他們一邊喝湯一邊喝水 保持平均

 

日本人はお冷を飲みながらバランスとるから

 

 

H:可是台灣吃牛肉麵通常都會喝掉湯

牛肉麵的湯是可以喝掉

 

台湾の牛肉麺は大体飲み干せるね

 

 

B:日本人吃拉麵的時候一起喝一兩杯水

所以日本拉麵店桌子上面一定有水壺

 

日本でラーメン食べる時は、大体コップ2杯くらい水を飲むね

だから日本のラーメン屋のテーブルにはお水のポットが置いてあるんだ

 

 

B:日本的店家賣的東西大概都比較鹹 不鹹不好賣

日本人覺得台灣的食物太油

台灣人覺得日本的食物太鹹

 

日本の外食のお店は大体しょっぱいからね。しょっぱくないと売れないと思う。

日本人は台湾の食べ物はしょっぱくなくて油っぽいっていうね

台湾人は日本の食べ物はやはりしょっぱいと

 

 

H:台灣的食物實際上可能比起日本稍油,像魯肉飯之類的就蠻油的

 

台湾の食べ物は実際のところちょっと、ルーローファンとかすごく油多いね

 

 

H:但是日本的辣真的完全不辣

每次去日本的店比如說什麼,極辣極辛 真的都還好

 

だけど日本人の言う辛いは全然辛くないね

毎回日本のお店で、極辛とか激辛とか、そんなに辛く感じないよ

 

 

H:你吃辣嗎

 

辛いの食べる?

 

 

B:會 之前蠻喜歡的

 

そうだね、前はすごいよく食べてたけど

 

 

H:那就你覺得 台灣的辣跟日本的辣?

 

じゃあ台湾と日本の辛さについてはどう思う?

 

 

B:其實我覺得台灣辣的東西比較少

 

実際台湾は辛い食べ物は少ないでしょう

 

 

H:對 台灣辣的東西,應該是說有個店專門在賣辣的

 

そうだね、台湾の辛い食べ物は専門のお店に行かないとないかな

 

 

H:但是比如說像一些賣麵,賣水餃的店

他們的東西本身不會辣

可是他們店裡會擺很辣的辣椒、他們自己巧的

 

だけど、麺とか水餃子を売ってる食堂とかで、料理自体は全然辛くないけど

テーブルに置いてある自家製のラー油はめっちゃ辛い

 

 

B:我覺得那個辣椒太辣的

 

ああいうラー油は超辛いよね

 

 

H:生辣椒超辣的

 

生っぽい唐辛子は本当に辛い

 

 

B:我之前常吃好像是連鎖店的那種溫州大餛飩麵,那邊的老虎麵 真的太辣了

 

前に「溫州大餛飩麵」っていうチェーンっぽいお店によく行ってたけど

あそこの老虎麵っていう麺は、とにかく辛かった

 

 

H:台灣人從小吃習慣的那個

那個基本上吃老虎麵的就是要吃辣

 

台湾人は小さい頃からああいう辛さには慣れてるけど

老虎麵を食べる人は、辛いもの好きな人だね

 

 

 

編集部註:溫州餛飩麵老虎麵紹介動画

 

 

H:台灣的比如說像麻辣火鍋真的非常辣辣

那種日本人不知道能不能接受?

因為聽說台灣人在日本開的麻辣火鍋比較不辣

 

台湾のマーラー火鍋は本当に辛いけど、日本人は受け入れられるかな?

なんか台湾人が日本で開くマーラー火鍋のお店は全然辛くないらしいよ

 

 

B:真的嗎。。?

 

本当?

 

 

H:你應該不想吃麻辣火鍋?

 

マーラー火鍋好きじゃないでしょ?

 

 

B:我喜歡吃、我喜歡”單點“的 不想要去吃到飽

 

好きだよ。結構高級なのが好き

安い食べ放題のお店はちょっと微妙だね

 

 

H:詹記麻辣火鍋好不錯

上次跟青葉一起去的那家

 

詹記麻辣火鍋は美味しいよね

前に青葉市子さんと(打ち上げで)一緒に行ったところ

 

 

B:我記得那家很不錯

 

あそこは美味しかったね

 

 

H:其實吃到飽食材跟味道有差吧

 

実際食べ放題の火鍋のお店は食材から味から違うからね

 

 

編集部註:詹記麻辣火鍋紹介記事

http://ameblo.jp/joeyamakawa/entry-11850237086.html

 

 

 

 

以上、他愛もない会話でしたが、、

日本と台湾の食文化のちょっとした違いが面白いですね

そんな洪申豪くん、ついに日本でソロアルバムリリースです。

 

 

Release info >>>>

 

台湾インディを世に知らしめるきっかけとなった重要バンド<透明雑誌 / VOOID>のフロントマンとしてシーンを牽引する稀代のメロディメーカー<洪申豪(hom shen hao)>。自身のソロ作品でもそのメロディセンスはいかんなく発揮されており、特に3枚目のソロアルバム「Cancer」は、彼の湧き出るアイデアを具現化した様々な曲風が収録されており、今までのソロ作品の集大成との呼び声も高い。さらに日本盤だけに収録の新曲も2曲追加してのリリースとなる。

台湾インディポップの金字塔「金巴利」収録

 

讓台灣地下樂界更加被世界所注目的重要樂團之一,勾繪出<透明雜誌/ VOOID>音樂場景的靈魂人物,稀世的創作人<洪申豪(hom shen hao)>。在SOLO作品內完整發揮了他的個性旋律,特別是第三張個人專輯「Cancer」,將自身滿溢的發想具體化為各式曲風,可以說是SOLO作品中呼聲最高的一張集大成之作。此外日本盤也特別追加收錄兩首新曲。

更收錄台灣Indie Pop的金字塔「金巴利」一曲。

 


発売日:2017/2/15
タイトル:「Cancer +2 songs」
価格:2500yen(税込)
品番:BRRCD-009

Tracklist:
1. 魔鬼
2. 永遠在流浪
3. 電影
4. Mishio
5. cancer
6. 金巴利
7. 主人
Bounus Track
8. 煙火
9. 真夜中のブルース

 

 

<洪申豪プロフィール>

 

透明雑誌のギターボーカル、台湾人、最近新しくVOOIDというバンドを組んだ、台湾のインディレーベル主催している、本当の意味でのインディペンデントアーティストは彼、絵が抜群にうまい、ソロ作品を3枚発表、3枚目のソロアルバムがついに日本リリース決定、今までの作品は早々に売りきって再販せず、美メロ、歌詞も抜群に良い、猫が好き、台湾ではファンがライブで大合唱する、牛肉麺が好き、台湾の音楽シーンに辛口、お酒は強くない、自主企画you&meは鉄板イベント、we are forever young

 

 

 

透明雑誌/VOOIDのフロントマン<洪申豪(hom shen hao)>最新ソロアルバム「Cancer」に新曲2曲を加えた日本盤リリース決定!

 

 

Please reload

特集記事

<new release>ジムアンドスイム(Gym and Swim) /「アメイジング・ピンポンショー(Amazing PingPong Show) 」(12inchEP)

11/18/2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

タグ検索